PSP製食品容器を作る

素材の使われ方
PSP製食品容器を作る

PSP製食品容器は、PSPシートを熱でやわらかくし、目的とする食品容器の形にして冷やすことで作られます。

製作工程は3ステップ

1 加熱

ロール状に巻かれたPSPシートを供給装置にセットします。
次に加熱ゾーンに向けて送り出します。

2 成型

加熱し軟らかくなったら、型で上下から挟んで容器の形状に成型し、熱を冷まします。

3 切り抜き

容器だけを切り抜き、箱詰めします。
切り抜きの残りは、PSPシートをつくる原料として再利用します 。

詳しくは「日本プラスチック食品容器工業会」
よりご確認いただけます。

全工程、衛生面に細心の注意を払って生産

PSP製食品容器は、全工程を通じて厳しい品質検査と衛生面に細心の注意を払って生産しています。

スチロー★キッズ