環境への取り組み

環境への取り組み

リサイクルの仕組み

PSPトレーは単一素材(ポリスチレン樹脂)で、見分けやすい素材です。
その良さがいかされて、食品包装の分野で国と業界のそれぞれでリサイクルの仕組みが動いています。

発泡スチロールトレーの
リサイクル効果

2018年度にトレー業界により回収された総重量は10,210トン、枚数にして31億枚になります。
そしてこれらがリサイクルされることによる環境効果は以下の様になります。

  • 積み重ねると12,376Km

    集められたトレーを積み重ねた場合の高さは、12,376Kmです。これは東京からキューバまでの距離とおよそ同等になります。
    リサイクルすることで再び利用できる資源になります。

  • 原油なら2Lペットボトル
    約600万本分

    PSPの原料は石油より作られています。つまり約1,200万リットル分の原油使用量の削減につながります。

  • CO2削減効果は50,540トン

    回収されずに焼却した場合と比べると大幅な削減効果があります。
    (環境省 3R原単位の算出方法より)

優れた環境適合性

  • 紙トレーに較べて省資源

    PSP製食品容器の主力製品であるPSPトレーは、紙トレーに較べて省資源であり、環境適応性に優れています。
    ※プラスチック処理促進協会「包装材料の環境影響評価」(平成7年調査)

  • 環境影響評価

    環境影響評価(LCA:Life Cycle Assessment)とは、地球環境に優しい材料への要望が強まり、原材料の採取から製品の廃棄までの全過程で必要とされるエネルギーと、発生する環境負荷を総合的、かつ客観的に評価し、地球環境に優しい製品のあり方に資するために行われるものです。

包装材料の環境影響(1,000枚あたりのトレー比較)

PSPトレー 紙トレー 発泡スチレンシート
(PSP)/紙
重量 4.4kg 21.9kg 1/5.0
天然資源 原油 4.40kg 原木 11.4kg -
補助材料 発泡剤 0.155kg 古紙 17.70kg -
エネルギー消費 47.0×103 Kcal 145.4×103 Kcal 1/3.1
CO2排出量 14.60kg 44.61kg 1/3.1
NOx排出量 0.015kg 0.112kg 1/7.5
SOx排出量 0.074kg 0.081kg 1/1.1

社団法人 プラスチック処理促進協会(1995年3月)

環境負荷軽減のために2つの「見える化」

2006年にすべての会員企業は「 エコリーフ環境ラベル( BV-06-002~004)」を登録・公開しています。また、業界団体として「カーボンフットプリント」のPCR(製品分類別基準)の策定に参画し、「PA-BC-02【改訂版】プラスチック製容器包装2010年09月08日」の認定を受けて公開されています。

スチロー★キッズ